神尾楓珠、加藤監督登壇!映画『裏アカ』公開記念イベントレポート

4月16日(金)都内・シネクイントにて、公開中の映画『裏アカ』の公開記念舞台挨拶が行われ、神尾楓珠さん、加藤卓哉監督が登壇しました。

監督は神尾さんとの関係について「『春の佳き日』という短編を入れて2作目になります。その時のお芝居がとっても良くて、僕の中では、お芝居の人と認識していて、本作では、また違った印象を持ちました」。一方、監督の印象を聞かれると神尾さんは「『春の佳き日』でもそうでしたが、とても温厚な監督だと思います。僕自身、人見知りということもあり、中々現場のスタッフさんに話しかけれないタイプなんですが、監督とは最初から気さくに話せていました。指示も的確に出してくれて、すごくやりやすい現場だったことを覚えています」と答え、改めて相性がよかったのかと尋ねられ「そうなのかもしれません」と照れ笑いを浮かべた。
監督は神尾さんの魅力について「とにかく目や目線がいいですね。俳優のタイプの中では感覚で演じるタイプだと思うので、今回はあえてそこまで指示を出さずに任せた部分が多かったと思います。僕自身が思い描いている一歩先を演じてくれていたので安心していました」と語り、神尾さんは「現場で全然話してくれないから、もう見限られたのかなと思っていましたよ。結構さみしかったですね(笑)」と不安だった思いも語った。

監督は現場で神尾さんから「涙するシーンを一発撮りでやらせてください」と提案されたエピソードを披露。「中々肝が据わっているな、成長しているなと思いました」と絶賛し、神尾さんも「あのシーンは大変でした…」と当時を振り返った。
話題は、主演の瀧内公美さんとのエピソードに。神尾さんは「ある撮影日に瀧内さんにランチに誘われて、僕の方が先に終わったので控室で待っていたんですが、お腹が空き過ぎて、楽屋のお弁当に手を出したら、おいしくて全部食べてしまい、瀧内さんにすごく怒らましたね(笑)」と現場での裏話を語り、会場からは笑いが起きた。
そして神尾さんは最後に「この作品は今の世界にリアルに感じられるテーマ性をもった作品だと思います。誰もが利用しているSNSへの向き合い方や新たな価値観がもてる内容になっていると思いますので、是非とも二度三度見ていただければと思います」と締めくくった。

映画『裏アカ』は台湾での上映も決定し、6月18日より公開となる。現地の配給会社の担当者からは「作品のアイディアとストーリーが実にユニークでした。台湾では、SNSアカウントのフォロワー数を気にするユーザーは多く、本作に強く共感出来ると思います。昨年『火口のふたり』の台湾公開も成功に終わり、瀧内さんの認知度・人気も上昇しています。『裏アカ』の成功にポテンシャルを感じ、台湾でも是非公開したいと思っていました」と熱いコメントも到着している。