遂に!『裏アカ』4月2日に公開決定!

 木村大作、降旗康男、原田眞人、成島出ら日本を代表する数々の名監督の下で厚い信頼とともに助監督を務めてきた加藤卓哉がTSUTAYA CREATORS’ PROGRAM FILM 2015で準グランプリを受賞し長編監督デビュー作となった本作。脚本は、『そこのみにて光輝く』(13)、『オーバー・フェンス』(16)の高田亮と、加藤卓哉の共同脚本。その題材は、今の社会や時代が持つ二面性を象徴する“SNSの裏アカウント”。裏アカウントを通して出会う男女の姿から、現代に生きる者が抱える葛藤や欲望、そして性への衝動を赤裸々に描き出し、観る者の心に突き刺さるセンセーショナルな人間ドラマへと昇華させました。
 主演は、映画『火口のふたり』(19)で第93回キネマ旬報ベスト・テン主演女優賞をはじめ各賞で高い評価を獲得したほか、話題となった「恋はつづくよどこまでも」(20/TBS)や現在放送中の「共演NG」(TX)、「恋する母たち」(TBS)にも出演し確かな演技力で注目を集める瀧内公美。主人公を翻弄する相手役にはドラマ「3年A組 ―今から皆さんは、人質です―」(19/NTV)で注目を集め、「いいね!光源氏くん」(20/NHK)、「ギルティ 〜この恋は罪ですか?〜」(20/YTV)など話題作への出演が続く注目若手俳優の神尾楓珠。そのほか、市川知宏、SUMIRE、田中要次、神戸浩、松浦祐也、仁科貴、ふせえりといった個性豊かな俳優陣が脇を固めています。
 新型コロナウイルス等の影響により来春公開の運びとなっていた本作ですが、ついに待望の公開日が決定!2021年4月2日より全国公開となります。また公開に先立ち、主演の瀧内公美をはじめ、神尾楓珠・加藤監督のコメントも到着致しました。瀧内は本作について「撮影前から、加藤監督と何度も何度もミーティングを重ね、話し合い、時に停滞しながらも、納得がいくまで作品作りを行なってきた、愛おしい作品です。(中略)公開延期、未定となったときは一緒に作品を作りあげたスタッフさん・キャストさんの顔が浮かび、なんとも言えない気持ちになったことを覚えています。」と改めて公開日が決まったことへの安堵の声を寄せました。神尾も「現代のSNSだったり、何か届くものがあると思う」と話し、加藤監督は「瀧内さんと神尾くんが文字通り渾身の力で演技をしてくれました」と本作の瀧内・神尾コンビに賛辞を送りながら、「2015年に賞をいただいてから、クランクインまでに4年、完成してから公開まで2年を要する難産な映画になりました。その分思い入れは強くなり、世の中も自分自身も様々なことが変わりましたが、この映画では変わらない人間の本質を描いたつもりです。」と、ありふれた男女の物語にとどまらず、現代社会を取り巻くSNSのあり方を通じて人間の本質を描き社会的な側面をもつ本作への熱い思いを寄せました。2021年のSNS社会に一石を投じてくれる映画『裏アカ』をぜひ劇場でご覧ください!

【キャスト・監督コメント全文】

■瀧内公美
今年の6月に映画「裏アカ」を皆さまにお届けする予定でしたが、世界を揺るがす出来事が起き、劇場が一時閉館してしまう事態が発生し、公開延期になってしまいました。「裏アカ」は、長年助監督を務め、映画界を支えてきた “これからの映画作家” として活躍していかれる加藤監督のデビュー作品です。撮影前から、加藤監督と何度も何度もミーティングを重ね、話し合い、時に停滞しながらも、納得がいくまで作品作りを行なってきた、愛おしい作品です。皆さまに完成したものを見て頂くことによって、初めてこの作品の価値が生まれていくと思っていたので、公開延期、未定となったときは一緒に作品を作りあげたスタッフさん・キャストさんの顔が浮かび、なんとも言えない気持ちになったことを覚えています。ですが、製作陣ほか沢山の方々のご尽力により、来年の4月に劇場公開させて頂けることが決まりました。やったぁ!皆様の元にお届けするまでもう少々お時間頂きますが、公開時にお逢いできることを楽しみにしています。「裏アカ」よろしくお願い致します。

■神尾楓珠
約2年の月日を経て、ようやく『裏アカ』公開できることを嬉しく思うのと同時に安堵も感じてます。
決して明るい話ではないですが、現代のSNSだったり、何か届くものがあると思うので
ぜひ劇場に足を運んでもらえると嬉しいです!

■加藤卓哉監督
延期されていた公開日が決定し、コロナ禍のなか奮闘してくれた配給・宣伝チームに心から感謝したいと思います。
2015年に賞をいただいてから、クランクインまでに4年、完成してから公開まで2年を要する難産な映画になりました。
現場では、瀧内さんと神尾くんが文字通り渾身の力で演技をしてくれました。特に瀧内さんは、準備段階から他の仕事をすべて断って、主人公・真知子になり切ろうと一緒にもがいてくれました。そして、スタッフ全員が、初監督である僕をあらゆる面で支えてくれました。その分思い入れは強くなり、世の中も自分自身も様々なことが変わりましたが、この映画では変わらない人間の本質を描いたつもりです。
作品に込めたメッセージが、長い年月を経て来春、観客の皆さんにどのように届くのか、期待と不安の入り混じった気持ちで初日を待ちたいと思います。