場面写真を解禁しました。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

アパレルショップの店長として働きながら、女性としてのプライドと寂しさを抱えた主人公・真知子が、“裏アカウントの世界”と“現実世界”の間で激しく揺れ動き、翻弄される姿が見どころの本作。今回解禁となったのは、主人公の真知子を演じる瀧内公美と相手役の“ゆーと”と“原島努”という二つの顔を持つ男を演じる神尾楓珠、その他キャストを映し出した場面写真9枚。1つ1つの写真から様々な心情の変化が伺え、映画本編に期待が高まります。
1枚目は、華やかな服装とは裏腹に浮かない表情のまま鏡を拭く真知子。鏡に映った自分の顔を見つめ、自己嫌悪になっている印象を受けます。
2枚目では、“裏アカ”を通じて出会ったゆーとと、嬉しそうに並んで歩く様子が伺えます。ゆーとの方が半歩先に歩き、年上の真知子をリードしているようにも見えます。
3枚目では、仕事の現場で再会した二人が“表の顔”でパーティーの場にいる様子。原島はどこか距離を置くようにして過ごしています。同じ空間にいながらも、表では交われない真知子のもどかしさが表情に表れています。
4枚目は、険しい表情をしながらスマホを見る真知子。裏アカという存在が彼女の中で大きな存在になっているのか、はたまた彼女の身に危険が迫っているのか。常にスマホを確認したくなるほど、裏アカに振り回されている様子が伺えます。
5枚目は、同僚の佐伯(市川知宏)と穏やかな表情で過ごす真知子。4枚目とは打って変わり、真知子の明るい笑顔が輝いています。
6枚目は、夕暮れの一室で真知子とゆーとが見つめあっているシーン。ゆーとの眼差しは真剣で、何か真知子に訴えかけている様子。二人の心を通わせることはできるのか、想像が膨らむ一枚です。
7枚目は、後輩でカリスマ店員のさやか(SUMIRE)と並んで洋服を整理する様子。両者とも顔を合わせることなく黙々と仕事こなし、二人の関係性が想像できる一枚となっています。8枚目は、アパレルショップ社長の北村(田中要次)と真知子が会議をしているシーン。店長を務める“表”モードの真知子は、プライドや責任を感じながら懸命に仕事をしていることが伺えます。そして最後は、髪を下ろし疲れ果てた様子で涙を拭う真知子の様子。果たして彼女の身に何が起こったのか・・・衝撃的な結末とは?